新年の御挨拶

 新年明けましておめでたうございます。

 ここに公開してゐる文章も、若かつた頃に一氣に書いて未完成の儘になつてゐるものです。いつか續きを書かうと思つて日常生活に追はれてゐるうちに、いつの間にか二十年近く経つてしまひました。
 當時の文章は今読み返しても十分説得力のある内容で、それはつまり、それ以降自分が殆ど成長してゐないことを意味します。當時の自分に感心しつつも、そのことに氣付いて複雜な氣分になります。

 その間に社会の状況は大きく變りましたが、事國語國字問題に關しては殆ど變化らしい變化は起きてゐません。考へてみればそれは當然なことで、言語の表記方法は變へてはいけないものなのです。その、起きてはいけないことが起きてしまつたのが戰後の所謂國語改革なのです。それも、酷く杜撰な内容で中央集權的な手法で強行されました。

 ともあれ、まだ書きたかつたことは、たくさん殘つてゐます。蟷螂の斧、ごまめの歯ぎしりにしかなり得ませんが、自分の考へを整理しておく價値はあるとは思つてゐます。


 本年も、どうぞよろしくお願ひ致します。

構成を再整理してみた

 休日の一時を活用して、ホームページの構成をもう一度整理した。国語論は全て埋もれてしまふことのない固定ページに移し、ホームページからアクセスできるやうにした。

 かつて作つてゐた園藝のページや、書評の真似事のやうなページは今や意味を失つたと考へ、新たなページへの移植は止めにした。

 新設したホームページについて少しだけ言及したおきたい。

 背景の富士山は日本の国と文化とを象徴してゐる。手前に見えてゐる現代的構造物の数々は、現代の日本だ。現代人がゴチャゴチャ活動しても、日本の国も文化も揺るがし難いといふことを、寓意としてこの写真に託したつもりだが、如何だらうか。

 ロゴマークのやうなものも今回新たに加へてみた。シンボルマークは苗を手にした意匠で、正統な日本語を守り育てていきたい気持を表現したものである。

 まだ修正するかもしれないし、もしかしたら園藝のページを書き始めるかも知れない。或いは書き終へてゐない国語論を再び執筆することもあるかも知れない。

 ともかく、かつてのホームページのやうに、書きかけのまま抛り投げてしまふことのないやうにしたいと考へてゐる。

手直しすべきか?

 十五年ほど前に書いた記事を発掘して生き残らせたのだが、手直しすべきか否か迷つてゐる。私は自分の性格を判つてゐる。手を入れ始めるとキリがなくなつてしまふ恐れがあるのだ。

 今すぐ何かする必要はないので、時間をかけて考へてみることにしよう。

何とか形になつてきた

 WordPressをインストールしてから三日ほど経つた。毎日仕事が忙しくて、一、二時間しかパソコンをいぢることができなかつたのだが、けふは少々早く帰宅できたので、作業も捗つた。

 Yahoo!ジオシティーズの閉鎖までまだ日があるが、一応移行できたものと思つてゐる。

 もともとのサイトを全てそのまま移すのではなく、今や公開する意味を失つたと思はれる部分は、容赦なく切取つた。とはいへ、国語論に関する部分は遺漏なく掬ひ上げたはずだ。

ホームページ再開

 創りかけのまま放つてあつた「現代國語への處方箋」。Yahoo!ジオシティーズの終了を機に、再生してみようと思つてゐます。取敢へずは、かつて公開してゐた文章の登録を行ひます。